Mantapインドネシア

インドネシアについて何でも書いていきます

日本人が発音しづらいインドネシア語の発音

はじめに

 インドネシア語を学習する際に気になることの一つとして「発音」があると思います。インドネシア語の発音の難易度はどれくらいなのでしょうか?

答えは日本人にとって「基本的に簡単」です。

カタカナ読みとまではいきませんが、カタカタ読みでも通じる単語がたくさんあります。ここでは、日本人がつまずきやすい発音を中心に紹介していきます。

 

「r」と「l」

 英語の発音でもよく話題に上がるこちらの「r」と「l」ですが、インドネシア語では「r」は巻き舌、または日本語のら行に近い発音をし、「l」は英語とほぼ同じように、舌を上の歯に付けるイメージで発音します。 

 

「ng」と「n」と「m」

 これらが1番日本人にとって難しい発音になるかと思います。なぜならこれらの発音は全て日本語では「ん」だからです。特に日本人は「ng」と「n」の発音が出来ていないとよくインドネシア人の友人に言われます。

 しかし、私たちは知らない間にこれらの単語を発音仕分けているので、「なんだ発音できないのか....」と諦める心配はありません。

 例えば、「考える」「簡単」「完璧」と発音してみてください。それぞれの「ん」の時の発音に注目すると口の形が違うことに気づくと思います。実は「考える」「簡単」「完璧」の時の「ん」の発音がそれぞれ「ng」「n」「m」を発音する際の音と対応しています。

 しかし、分かっていてもこれを実際にインドネシア語の発音として発音するのは始めは難しいので、気長に練習していくしかないです。

「sangat」というインドネシア語で練習してみましょう。これを日本人が「サンガット」と発音すると向こうの人には「sanggat」「sanngat」と聞こえることが多いです。日本人なので当たり前ですがsanとgatに分けるイメージで発音してしまうんですよね。ポイントはsaとngatに分けて発音するイメージです。

 

「ia」

恥ずかしながら私も間違った発音をしていました笑。日本人なら知っていれば発音できるのに発音の仕方を知らなかったんです笑

私は以前「イア」と発音しておりましたが、この発音は間違っています。例えば、「sekian」という単語なのですが、「ia」の部分を「iya」に変えて発音します。「sekiyan」と発音するイメージです。他にも「siar」「kalian」のような単語がこれに当てはまりますが、全て「i」と「a」の間に「y」を入れて発音してください。

 

「si」

普通に「し」と発音する方が多いですが、これも間違いです。歯の間に舌を持ってきて息を吹き出しながら「スィ」と発音するイメージです。

 

最後に

これらの発音をマスターするためにはインドネシア人の友達を作って実際に聞いてもらうのが一番早いので積極的にコミュニケーションをとるのをお勧めします。

JKT48のメンバーとして活躍している仲川遥香さんも流暢に喋っているように見えますが実際にインドネシア語を聞いてみるとこのあたりまで、特に「ng」と「n」は出来ていないと思うことがあります(JKTとして活動しながらここまでインドネシア語が喋れるのはかなりすごいです)。私もまだまだネイティブにはほど遠いのですが、ネイティブに近づくためにはこのあたりまでしっかり抑える必要があると思うので、毎日少しずつ学習していきたいです。

他にも難しい発音「u」「e」の違いや「muda」「mudah」の違いさらに「kha」の発音などありますが、今回は割愛させていただきます。